マネジメント、人材育成、部下育成

言うことを聞かない。指示を守らない部下があなたに対して、
あの人が言っていることをやっても結果が出ないからね。
そう考えていたら、あなたは上司として何をするべきなのか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 言うことを聞かない。指示を守らない。 > あの人が言っていることをやっても結果が出ないからね。

あの人が言っていることをやっても結果が出ないからね。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。
上司としての経験不足で部下に的確な指示を出せない
 

上司としてのやり気は有る。責任感も有る。チームを引っ張ろうと考えもめぐらしている。それでも、指示が上手く出せない人もいます。

これは一言で言うと上司としての経験不足。部下の力量を測ったり。達成すべき目標までの道筋をイメージできなかったり。

上司としてある程度の経験をつまないと気持ちや意識だけではどうにもならないこともあるのです。

指示・命令者としてのスキルが足りていない
 

指示・命令者として部下や与えられた仕事に対しての責任感はある。しかし、指示・命令を行うために必要なスキルが備わっていない事が考えられます。

問題に対する着眼点。問題を分解する思考。意思決定や適任者を選出する力。情報収集や伝達力。

指示・命令を出すといっても様々なスキルを組み合わせて行うものであって、指示・命令を行ううえで必要となる個々のスキルが部分的にしか身についていなかったり、全体の習熟度が低かったりする可能性があります。

そのことを認めて、部下にも自分の足りない部分を補ってもらえるような関係を作れればいいのですが、そういった態度を取れない場合、無駄な指示や意味の無い指示が多くなる傾向にあります。

すると、部下があなたの指示や命令を聞き入れてくれないという現象が発生してしまいます。

指示・命令者としての判断に部下が不安を持っている
 

指示・命令者としての経験が浅いかったり、新米上司などがこれに当たるでしょう。

想像してみてください。そのチームに入ってきたばかりで、どんな経験をつんできたのか?どんな性格の人なのかもわからない。

そういった人が指示・命令者になった場合、実力の有る無しにかかわらず、周囲が指示・命令者の判断に対して懐疑的な反応を見せるのは一般的な反応と言えます。

その背景を察知して、柔軟な対応をできればいいのですが、そうでない場合には自分の指示を聞いてもらえないし、あなたに対しての支持も低いという状態に陥ってしまいます。

 
 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |