マネジメント、人材育成、部下育成

それぞれ何をしているのか?わからない部下達があなたに対して、
そもそも、私たちの事をわかろうとしていないですよね!
そう考えていたら、あなたは上司として、どうするべきなのか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > それぞれが何をしているのかわからない? > そもそも、私たちの事をわかろうとしていないですよね!

そもそも、私たちのやっている事を分ろうとしていないですよね!

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。
上司として業務関与や進捗チェックの不足
 

口では分からないというものの自分自身でも部下の業務に踏み込んで、何をしているのか?実際に行動をともにしてみたり、情報を引き出す努力が足りていない事が考えられます。

上司として最終的な判断をしたり、指示を出しているだけでは、実際に部下が何をしているのかを把握するのは難しいといえます。

進捗をチェックするには、部下が進捗を報告しなければならない雰囲気を作ることも有効ですし、部下がどんな仕事を何をしているのかを知りたいのであれば、「何でこんなことまで。」と思うようなことを部下とともに行うことも必要でしょう。

何もしないのに情報だけほしがるという状態に陥るのだけは回避しましょう。

部下から様々な情報を吸い上げる機会がない
 

上司は会社と末端の社員とを結ぶ情報の中継点としての機能を果たせていない可能性があります。

そうならないために、会社(上)からの情報は積極的に取る努力を行うのですが、末端の社員(部下)の情報を積極的に吸い上げる努力も同様に行わなければなりません。

部下から情報を吸い上げるためには、定期的に情報を交換する機会を全体、個人に対して行う必要があるのですが、ここが実行されていない。もしくは十分でないのではないでしょうか?。

上司の仕事として部下からの情報を吸い上げることへの意識を高く持つ必要があります。

 

業務実行プランがない(誰に、何を)
 

本来、仕事を行うためには、目標、目的を持って取り組むものですが、それがないというお粗末な状態なのかもしれません。

目標や目的が明確であるなら、誰に何をさせるということも同時に明確になるものです。しかし、目標や目的が明確でない場合には、この誰に何をさせるという部分が曖昧になります。

曖昧なまま、仕事をさせるとそのうちに何を誰がやっているのか?把握することが非常に難しくなってしまします。

さらに、明確な目標、目的がないのですから、誰が何をやっていてもあまり気にならないという状態に陥ります。

大企業に多い、現象といえます。

 
 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |