マネジメント、人材育成、部下育成

それぞれ何をしているのか?わからない部下達があなたに対して、
いつもほったらかしだし、放任状態でしょ!
そう考えていたら、あなたは上司として、どうするべきなのか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > それぞれが何をしているのかわからない? > いつもほったらかしだし、放任状態でしょ!

いつもほったらかしだし、放任状態でしょ!

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。
絶対的な管理職としてのスキル不足
 

管理職としてのスキル経験などが乏しくて、マネジメントをできるレベルにいたっていない可能性があります。

本人的には、上司としての仕事を行いたいと考えていたとしても部下を動かす手段や方法をもっていない状態といえるでしょう。

そういった管理職としてのスキルが乏しい場合、指示を出しても的外れであったり、出した指示が思惑通りに部下に届かなかったりしてチームが機能しないということが多々起きます。

上司としているだけの存在になり情報の流通が自分を中心には起こらないし、情報発信源になれない。できるだけ早く上司としての基本スキルを身につける必要があるといえます。

利益に対しての意識が低い
 

他に企業に比べて、利益に対しての意識が低い可能性があります。

利益に対しての目標意識、達成意識が低いために、本来部下に求めるべきことを求めていない可能性があります。

利益を出すためには、定めた目標の達成が必須となります。

しかし、この目標への到達への執着が薄いと、部下に目標を達成するために必要なノルマや到達点を明確にし、達成させるという流れへの意識が弱くなってしまいます。

与えられている仕事、会社からの評価を気にした仕事に偏らないように注意しましょう。

 

部下からの情報を吸い上げる仕組みがない
 

定期的に部下の意見や状況を吸い上げる(確認する)ポイントを設定していない。

ほとんどの場合、この情報を吸い上げつポイントを作っておかないとズルズルと忙しいに流されて、時間が過ぎてしまうものです。

しかし、部下の意見や状況を把握しておかないと的確な判断をする事はできません。

個人のマネジメントでもチームのマネジメントでも基本はこの情報収集にあることを知って置いてください。

情報の収集や現状の確認は怠る事のないように注意しましょう。

 
 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |