マネジメント、人材育成、部下育成

独断で行動を起こしてしまう!部下があなたに対して、
もっと自分に裁量があれば、独断では動きませんよ。
そう考えていたら、あなたは上司として、どうするべきなのか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 独断で行動を起こしてしまう! > もっと自分に裁量があれば独断では動きませんよ。

もっと自分に裁量があれば、独断では動きませんよ。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

権限委譲が適正にされていない

 

ビジネススキルの総合力が管理職レベルにあったり、特定の分野においては一目置かれる実力者であったりする場合、権限の委譲がさせているのが自然な形といっていい。

しかし、自分で判断を下せるだけの十分な実力を持っているのに権限を委譲されていないがために上司の判断を仰いで仕事を勧めなければならない状態になることがある。

権限が委譲されていれば、部下自身の判断で適切に仕事を進捗させられるのに、そ上司の判断を入れるために進捗のスピードが減速してしまい、思うように仕事が進捗をしなかったり、業務に支障をきたすことも出てくる。

そういった場合、部下は独自の判断で行動をしてしまう傾向に有る。

 

チャレンジする環境を与えられていない
 

起業家精神を持ったタイプや実力が付いてきて自分の力を試してみたい段階に入った部下にたいしては、チャレンジをする環境を上司が整えてあげるのが部下のちからを引き出すには有効です。

しかし、部下が失敗した先の事を考えてしまったり、部下の実力を過少評価してしまったりすると、チャレンジをするような環境を提供することは出来なくなります。

そういったタイプいの上司は、新しい取り組みを敬遠したり、規定路線から外れるようなことはさせようとしていない傾向にあります。

そのため、行動力の有る部下からすると仕事の面白さを発見する機会やチャレンジをする環境がないために力をもてあまして、不満を溜め込むようになってしまします。

 

給与・処遇への不満を抱えている
 

周囲の仕事ぶりや実際に行っていることを見て、給与に対する不満や処遇面に不満を持っている部下はどこにでもいるものです。

そういった部下は、会社にたいして部署にたいして非協力的な態度を取るものです。

そして、自身の職務範囲を超えると考えている仕事や問題にたいしての積極的な行動を起こそうとしないのはもちろんですし、自身が抱える情報やノウハウなどを共有することを良しとしない傾向があります。

辞めて頂くというのもひとつの手段ではありますが、実際にその主張が正当な場合には、会社として真摯に問題解決に当たるというのも必要になってきます。

 
 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |