マネジメント、人材育成、部下育成

協力をしない、チームとして一体感も無い部下があなたに対して
自分のことをしっかりやれば、いいんじゃないですか?
そう考えていたら、あなたは上司として、どうするべきなのか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 個々人が協力をし合わない。チームとしての一体感が無い! > 自分のことをしっかりやればいいんじゃないですか?

自分のことをしっかりやれば、いいんじゃないですか?

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

業務リンクを理解していない

 

仕事には必ず、業務リンクというものが発生します。

業務リンクを説明すると、自分の所属する部署だけでは仕事は完結しないことがほとんどです。多くの場合、他の部署との連携を行って1つの仕事が完成しています。この、自分の仕事を完成させるために必要な他部署との連携を業務リンクといいます。

しかし、この業務リンクは忘れられがちになってしまうものでもあります。

入社して間もない人や立場の低い人などは、この業務リンクの存在すら知らなかったり、なんとなく位にしか認識をしていなかったりします。

すると当然の事ながら、リンク先の部署には情報が行かなかったり、情報が入ってこなかったりという障害が起こるので注意が必要です。

 

仕事のパートナーではない駒という認識
 

上司と部下という関係以前に、上司と部下は同じ目標に向かって行動を共にするパートナーという関係があるはずです。

しかし、上司が部下の事を下階層の作業員(駒)的な位置づけと認識をしていたりするとその関係は成り立たなくなります。

部下を駒的な扱いをして、上司が指示命令したことをだまって実行してくれればいいなどと考えているといざという時に部下に力を貸してもらえないという事態に陥りがちです。

部下は仕事を進めるための駒ではなく、ともに仕事をなすパートナーという意識を持つようにしましょう。

 

組織への参加意識が無い
 

仕事は仕事。自分は自分。

給料分の仕事は、責任を持って果たすというスタンスで職務についている事が考えられます。

そういった考えを持っているために積極的に社内で交流を図ったり、イベントに参加しようとする意識が低いのです。

割り切って仕事をしているようにも煮えますが、会社やチームや上司に対して何らかの不満を抱え続けた結果、そのような態度になっていることも考えられます。

そのような、原因がある場合には長期的なスパンで、部下の意図を探る必要があるでしょう。

組織・職務領域を分断しすぎている
 

業務が部署をいくつもまたがって成り立っているのにもかかわらず、組織を細分化しすぎたり職務領域を明確に区切りすぎていることが問題の場合もあります。

相互の交流が行われにくい環境を作ってしまっているために、本来自然に発生するはずの相互の交流を分断してしまっているかもしれません。

このような場合には、組織図を変更することやチームを必要に応じて合併するなどの対応が必要となってくるでしょう。

部下の参加意識の高低にかかわらず交流が行われないわけですから、会社としては大きな損害といえます。

 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |