マネジメント、人材育成、部下育成

上司の顔色ばかり伺っている部下は、あなたに対して
上司の機嫌を損ねたら評価が下がるんで・・。
そう考えていたら、あなたは上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 上司の顔色ばかり伺っている! > 上司の機嫌を損ねたら、評価が下がるんで。

上司の機嫌を損ねたら、評価が下がるんで。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

失敗を許さない風土が有る

 

実力主義に偏っている 又は、保守的でリスクを負うことを嫌う。

こういった雰囲気がある会社、組織の場合には、部下が失敗することを必要以上に警戒してしまうようになる。

そうなると本来成績を上げるために取ったほうが良いリスクもなるべく回避しようという考えになってしまい、結局は、上司が必要な成果を得ることができなくなる。

上司が会社の雰囲気や文化に流されることなくある程度の失敗は許容する度量が必要でしょう。

 

上司の評価が絶対的である
 

発言権や影響力のある上司がいますが、部下からすると発言力、影響力のある上司に目をつけられてしまうと自分の評価に大きな影響がでると考えてしまいます。

上司の評価が直接、自分の評価に影響すると考えるので、波風立たないように、またその上司の機嫌を損ねないような仕事をすることに意識が向いてしますのです。

実際には、上司がそのようなことをする人間ではないとしても、部下は自分の保身のために気を使うのが普通と考えられます。

部下にいらぬ気を使わせずに仕事に打ち込んでもらえるような配慮が必要かもしれません。

 

自分の保身を第一に考えてしまっている
 

本来、お客様の顔色を気にしなければならないのに、自分の上司の顔色を伺いすぎていませんか?

お客様を見なければいけないのに、上司を見ている。という矛盾した行為を続けるほど、本来あるべき姿からドンドン離れて言ってしまう傾向にあります。

例えば、無意味な指示を出してしまう。前向きにリスクをとることができない。失敗を極度に回避してしまう。などです。

このようなことをしていると、自分の上司の顔色、評価を気にしすぎるために自分の意見を持てなくなります。

すると、上席の人間の意見や意向によって考えをすぐに変更してしまうという悪い習慣が身についてしまうのです。

 

評価制度が適正でない
 

社内での評価基準がない。または、適性に機能していないのではないでしょうか?

上司も部下も相応に納得ができる、評価制度になっていないると上司の考え方ひとつで評価が左右される、決まってしまう、ろいうな部下にとっては非常にこくな状況に陥ってしまいます。

そうならないためにも、一次評価者、二次評価者、などを作るとか、同僚の評価も含めるなどの多面的で公正な評価制度を作る必要があるでしょう。

適正な評価制度を整備することで不当な評価を受けることは回避できますので、部下の働き方にも変化がでるはずです。

 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |