マネジメント、人材育成、部下育成

上司の顔色ばかり伺っている部下は、あなたに対して
会社の看板を傷つけることできないんでリスクは負えません。
そう考えていたら、あなたは上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 上司の顔色ばかり伺っている! > 会社の看板を傷つけることできないんでリスクは負えません。

会社の看板を傷つけることできないんで、リスクは負えません。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

大企業病

 

とにかく問題を起こさずに会社に通ってさえいれば、一定水準の給料は保証される。大企業であるから、社員に不当な扱いをするようなことはまずない。

そういった環境で、長い間働いていると問題を起こさずに静かに会社にいることが何よりも大切になってしまいます。

ですから、リスクを背負って何かにチャレンジしようという姿勢は生まれなくなってしまいます。

部下がそのような考え方を持ってしまうと、その先には発展をする余地は無くなってしまうのであまり会社にとってもいいことではありません。

 

惰性のルーチンワーク化した業務
 

決められた仕事を決められたように淡々とこなすだけな仕事になっていないでしょうか?

ルーチンワーク化してしまった業務にたいしては工夫や考えをめぐらすことをほとんどしなくなってしまいます。

工夫や考えることをしなくなると上司から部下に対して求めるようなことも無くなり、互いの仕事に関与するという意識がまったくといっていいほど無くなっていくのです。

最終的には、ここで働いていての仕方が無い。もしくは、割り切って働く、会社に何かを求めることはしない。そんな事を考えになってしまいます。

 

自分の保身を第一に考えてしまっている
 

本来、お客様の顔色を気にしなければならないのに、自分の上司の顔色を伺いすぎていませんか?

お客様を見なければいけないのに、上司を見ている。という矛盾した行為を続けるほど、本来あるべき姿からドンドン離れて言ってしまう傾向にあります。

例えば、無意味な指示を出してしまう。前向きにリスクをとることができない。失敗を極度に回避してしまう。などです。

このようなことをしていると、自分の上司の顔色、評価を気にしすぎるために自分の意見を持てなくなります。

すると、上席の人間の意見や意向によって考えをすぐに変更してしまうという悪い習慣が身についてしまうのです。

 
 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |