マネジメント、人材育成、部下育成

指示した事はするが自ら考えては仕事をしない部下が、あなたに対して
いわれたことはやっていますよ。何か?
そう考えていたら、あなたは上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 指示した事はするが自ら考えては仕事をしない! > いわれたことはやっていますよ。何か?

いわれたことはやっていますよ。何か?

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

成功体験が足りない・無い

 

部下自身は、一人前の仕事をしているつもりでは在るが、実際にはこれまでに自分で何かを試行錯誤させながら成し遂げた、または成功した体験をあまり持ってはいないのではないでしょうか?

そのような部下の場合、仕事を通して得られる達成感などを味わった経験が少なかったりします。

心の底から『ヤッター』と思えるような体験をしていないために仕事に対して積極的な態度をとらないことが考えられるのです。

ですから、自分の頭で考えて行動を起こすということに対してあまり積極的でないことになります。

 

給与・処遇への不満
 

周囲の仕事ぶりや実際に行っていることを見て、給与に対する不満や処遇面に不満を持っている部下はどこにでもいるものです。

そういった部下は、会社にたいして部署にたいして非協力的な態度を取るものです。

そして、自身の職務範囲を超えると考えている仕事や問題にたいしての積極的な行動を起こそうとしないのはもちろんですし、自身が抱える情報やノウハウなどを共有することを良しとしない傾向があります。

辞めて頂くというのもひとつの手段ではありますが、実際にその主張が正当な場合には、会社として真摯に問題解決に当たるというのも必要になってきます。

 

情報共有がされていない
 

与えられた業務に対して、自分で考えて行動を起こすためには、基となる情報が必要となります。

しかし、チーム内の人間関係がいい状態ではなかったり、上司からの情報共有が上手くなされていない場合には部下が手に入れられる情報がごく限られてしまうのです。

そのような状態だと部下の側からすると検討の材料とする情報が少ない状態となってしまいます。

その結果、上司から求められていること以上の仕事をする意思があったとしても、どうにもできないという状況になってしまいます。

すると、実質、言われたことしかできないとなってしまうのです。

 

業務が孤立化している
 

チーム、または、部署間の業務が相互に協力し合って行われているという状態ではないのではないでしょうか?

チーム内の業務であれば、チームメンバー同士の間で業務の範囲を明確に決めすぎているために分業化してしまっている恐れが有ります。

分業化しすぎるとチームとして部下同士が互いに協力をするという利点が消えてしまいます。

すると、孤立して業務を行っているために自分の守備範囲を守ることに重きを置くようになるのです。

そのために自分で創意工夫をして業務に当たるという感覚が薄れることになります。

 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |