マネジメント、人材育成、部下育成

指示した事はするが自ら考えては仕事をしない部下が、あなたに対して
だって給料安いんだもん。これだけやれば十分でしょ。
そう考えていたら、あなたは上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 指示した事はするが自ら考えては仕事をしない! > だって給料安いんだもん。これだけやれば十分でしょ。

だって給料安いんだもん。これだけやれば十分でしょ。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

不満など情報吸い上げ機能が無い

 

定期的に部下の状況、部下の状態を確認する機会を設けていないのではないでしょうか?

そういった部下の状態・状況を確認する機会を設けていなかったとしても普段のコミュニケーションの中でそういったことに耳を傾ける努力を上司として行っているのであれば、まだいいといえます。

しかし、部下にも意識できる状況確認の場を持つことで、得られる情報の質は格段に上がるものなのです。

部下が抱えている不満や心に思っていることは、個別に機会を設けて話をすることで部下が上手く機能しないといった部分を改善できるかもしれません。

 

キャリアプラン・育成プランが見えない
 

部下自身が仕事を通して成長をしていく姿をイメージできていない。または、上司がどのように自分を育ててくれようとしているのかが見えないのではないでしょうか?

実際には、上司が部下のキャリアプランをたてたり育成プランをしっかり持って接するということは難しいものです。

しかし、上司から育てる気構えが見えないと部下としてはこの先どうなるのか?不安を覚えるのも理解が出来ます。

部下は、自分の行く先に不安を抱いてしまうと現状維持をすることに意識がいってしままいます。

現状維持をするのであれば業務に創意工夫を凝らす必要は無く今のまま言われたことをという感覚になってしまうのです。

 

ビジョン・目標がない
 

あるべき姿を形にしたビジョンが無い。または、目指すべき目標が設定されていますか?

ビジョンや目標を部下に提示できていないと、どの方角へ進んでいけばいいのか?迷ってしまうことになります。

経験値やビジネススキルが高い部下の場合には、この問題は起こりません。

経験値やビジネススキルが低い部下の場合には、ビジョンや目標を設定するか?上司が適切なガイドとして伴走しなければなりません。

 

業務の進捗確認ができていない
 

どのような状況においても部下がどのような仕事をしてどのように進捗をしているのかをチェックする必要があります。

この進捗確認をしないと、部下が何をしているのかも把握できませんし、適正な仕事量をこなしているのか?の判断もつきません。

業務の進捗確認をしていないということは、言葉を変えれば野放し状態ですので、やる部下はやるし、サボりたい部下はサボるとなってしまいます。

さらに、仕事で負荷をかけて自分を成長させるということを自然と回避するようになりますので個々人のビジネススキルも上がらないという悪循環に陥ります。

結果、当然の事ながら成果も出せない状態となってしまいます。

 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |