マネジメント、人材育成、部下育成

職場の人間関係が悪い!ことに対して
あの人と働きたくありません。辞めさせてください。
そう考えていたら、あなたは上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 職場の人間関係が悪い! > あの人と働きたくありません。辞めさせてください。

あの人と働きたくありません。辞めさせてください。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

個々人への定期的な情報吸い上げができていない

 

刻々と変わる部下個々人の状況は、上司として常に把握をしておかなければ、適切な判断を下すことはできません。

特に部下の感情面には十分な配慮をしていないとチームを円滑にマネジメントすることは難しいといえます。

上司が自分の業務の忙しさに流されてしまい、部下から情報を聞きだす機会を設けていないと気が付いたときには深刻な事態になっているということも少なくありません。

問題に気が付いても手遅れでは、話になりませんので問題が顕在化しないうちに部下から情報収集できるような体制や仕組みを作ることが必要となってきます。

 

個々人の中での軋轢がある
 

個人同士の間で何か問題を抱えている場合には、上司が中立な立場で何が問題なのかを紐解く必要があります。

トラブルの原因はプライベート・仕事とどちらとも考えられますが、個人の間の関係に溝ができ手いる状態を放置するわけには行きません。

放置していると派閥を作りグループ同士の対立に発展してしまう可能性を秘めているからです。そうなってしまうと業務に多大な影響を及ぼすことになります。

早々に改善を行わないことで、影響が周りに波及してしまうのが最も恐れなければならないことといえます。

 

そもそも労働意欲が無い人への対応不足
 

非常に残念なことですが、育ってきた環境があまりにも甘やかされている状態であると社会人として必要な資質がかけてしまっていることがあります。

そういった部下は、労働意欲が無かったりしますので何らかの対応が必要です。

そういった意欲に問題のある部下に対して、上司が何も手を打たないと周りの部下がその意欲の無い部下を見て、やる気を失ってしまうことを恐れなければなりません。

チームにおいて負の感情や行動は伝染しやすいものなのです。

上司として毅然とした態度で、そのような部下には改善を求める必要があるでしょう。

 
 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |