マネジメント、人材育成、部下育成

部下が病気などでの欠勤が多い!!その理由が
疲れがたまってダウン。入院です。
そんなことを思っていたら、上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 病気などでの欠勤が多い! > 疲れがたまってダウン。入院です。

疲れがたまってダウン。入院です。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

スキル・キャパが追いついていない

 

仕事の難易度が自分の実力で実行できるレベルを超えていたり、仕事の量が自分のキャパシティを超えていることが考えられます。

本人の能力で処理をできる業務レベルを超えているために業務の進捗が遅くなったり、仕事の完成度が低くなってしまうことが現象として現れます。

業務上のミスが頻発するなどの障害が発生することになるので、問題が大きくならないうちに何らかの対応をするべきでしょう。

 

他に気になる問題や悩みを抱えている
 

仕事をしていれば適度の悩みやプレッシャーは常に就いて回るものです。

それに加えて、他の問題や悩みをかかえてしまうと部下の精神的な疲労の度合いは著しく増えてしまいます。

そのような状態になると、精神的なストレスも増大することになりますので、体調を崩したり、精神的にバランスを崩したりしてダウンということになってきます。

 

個人に対しての責任過多
 

個人にたいして上司が過度の責任の委譲を行っている。又は、上司が部下に仕事を押し付ける形になっているのではないでしょうか?

部下が優秀な場合に起こりやすいことではありますが、上司が優秀だから何とかするだろうと楽観的な仕事の任せ方をしていると痛い目にあいます。

その部下が責任の重さに耐えられなくなることも考えなければなりません。

仕事が積もり積もることで責任を果たせないことで精神的なバランスを崩してしまったりするものなのです。

上司が取るべき責任を上司が負うようにしないと、自分を助けてくれるはずの優秀な部下を失う事になってしまうでしょう。

 

人員不足
 

スピード、質、量ともに個々人の業務スキルには全く問題がなくても、業務を消化するのに時間が掛かってしまうようであれば、人員が少なすぎることが考えられます。

チームの受け持つ業務量にたいして人数の絶対値が足りていないために個々人に大きな負担が掛かっていることが予想されます。

個々人への負担が増大した状態に陥って業務の消化が追いつかなくなってしまうのは、初期段階の現象です。

この状態が続くと会社にとって必要な人員がボロボロと会社を去って行くという悲劇につながる可能性を秘めていますので早期の改善が必要となるでしょう。

 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |