マネジメント、人材育成、部下育成

部下は計画までは立てるが実行できない(結果がでない)!その理由が
考えるまではいいんですけど、実行するとなると・・。
そんなことを思っていたら、上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 計画までは立てるが実行できない(結果がでない)! > 考えるまではいいんですけど、実行するとなると・・。

考えるまではいいんですけど、実行するとなると・・。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

人間関係の構築が下手

 

人間関係の構築が上手くない事が考えられます。

人間関係の構築が上手くない理由としては、性格的なものもありますし、人間性に多少の問題があって上手く人間関係を構築できないケースなどいくつかのパターンがあります。

人間関係の構築があまり上手くないタイプの部下は、自己完結できる仕事においては能力を発揮できますが、人の関与や協力が必要な仕事になってしまうと能力を十分に発揮できなくなるのです。

 

考えるだけで行動ができない
 

考えることだけで実行し成功をした経験が少ないために考えるのところで止まってしまっているのではないでしょうか?

これは、知識ばかりを重視して、考えをめぐらすタイプに多い傾向といえます。

知識もあり行動よりも知識が選考するタイプの人は、行動を伴わないとただの頭でっかちになってしまうのです。

考えることばかり先行すると、リスクに目を奪われて失敗をする恐怖心から余計に行動を起こせなくなります。

こういったタイプの人には、上司やチームでフォローをして成果を挙げられるようにバックアップする必要があるでしょう。

 

指示だしに慣れてしまっている
 

過去に上司の指示に従って実行をする。そして結果を出すというプロセスを幾度も経験してきた経緯があるのではないでしょうか?

そういった人物であると、過去の経験を持っているために自分で実行をするよりも考えて指示を出して実行させるというほうへ思考が向いてしまうものです。

しかし、このスタイルは、指示を聞いて実行をしてくれる部下がいないと成り立ちません。

部下がいない場合には、考えて実行をするというプロセスを自身で行うことになります。

 

年齢的なパワー不足
 

年齢を重ねるごとに体力・気力的な部分で行動的に仕事をするのがだんだんとつらくなっていきます。

そういった意味で実行をすることが億劫に感じられる人は、指示を出すことで仕事を進めようと考えるようになります。

実力が伴っていて指示に部下が従ってくれればいいのですが、指示に従ってくれる部下がいない場合にはこのスタイルは成り立ちません。

実行する部分を誰かにして欲しくても、考えるための経験や知識そういったものを実行する人が納得のいくレベルで体得していることが必要となります。

 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |