マネジメント、人材育成、部下育成

部下は計画までは立てるが実行できない(結果がでない)!その理由が
私は考えたんだから、他の人が実行すればいい。私は頭脳労働で!
そんなことを思っていたら、上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 計画までは立てるが実行できない(結果がでない)! > 私は考えたんだから、他の人が実行すればいい。私は頭脳労働で!

私は考えたんだから、他の人が実行すればいい。私は頭脳労働で!

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

エリート志向が強い

 

実力の有る無しに関係なく、自意識が強い、自信家である、人に多いと考えられます。ただ、会社に在籍している年数が長いというのもこれに当たると考えていいでしょう。

こういった人は周囲から見れば、エリート志向・自尊心がが強いと思われています。

そのために周囲の人よりもより高度な仕事いわゆる知的生産性の高い仕事をしたいと思っていことでしょう。

考える仕事は自分の仕事と認識をしていますが、実行することを自分の仕事とは受け取っていないと考えられます。

実力が伴っている人は問題は発生しませんが、実力意が無い場合には様々な問題がチーム内に起こることになります。

 

スタッフ間での能力差が大きい
 

チーム全体の力が低いために考える仕事をする人が限られているのではないでしょうか?

チーム全体のビジネススキルが低い場合には、【考える仕事=仕事を創造して作り出して支持を出せる人】は限られてくるはずです。

考える仕事をする人も十分な経験や知識が無く、周囲の状況で病む終えずその業務を行わなければならないくなります。

そして、考える仕事が出来る人は、たいていの場合チーム内で仕事が出来ると考えられている人です。

しかし、考えて実行するという両方を行うことが困難なために実行は他の人に任せたいと考えている。

 

考えるだけで行動できない
 

考えることだけで実行し成功をした経験が少ないために考えるのところで止まってしまっているのではないでしょうか?

これは、知識ばかりを重視して、考えをめぐらすタイプに多い傾向といえます。

知識もあり行動よりも知識が選考するタイプの人は、行動を伴わないとただの頭でっかちになってしまうのです。

考えることばかり先行すると、リスクに目を奪われて失敗をする恐怖心から余計に行動を起こせなくなります。

こういったタイプの人には、上司やチームでフォローをして成果を挙げられるようにバックアップする必要があるでしょう。

 

そもそも成果を出した経験が無い
 

行動をするよりも考えるほうが向いているタイプに多い傾向です。

考えることを重視する人の中には、考えて行動してトライアンドエラーを繰り返しながら成果を出した経験が無い人もいます。

ある程度の年齢になっても成果を出した経験を持っていない場合には、行動することを極度に恐れるようになる傾向があります。

自分の仕事ができないということを周囲にバレるのを極度に避けるようになるのです。

そのために、そのような人は考えることに執着してしまい、批判的な意見を多く持ち出す回避傾向があります。

 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |