マネジメント、人材育成、部下育成

部下は計画までは立てるが実行できない(結果がでない)!その理由が
その計画は机上の理論です。うまくいくはずが無い。
そんなことを思っていたら、上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 計画までは立てるが実行できない(結果がでない)! > その計画は机上の理論です。うまくいくはずが無い。

その計画は机上の理論です。うまくいくはずが無い。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

否定したら意見を出す風土が無い

 

本来、仕事を進める上で人の意見を否定する場合には、否定した後にこうすべきだという自身の意見を提示する必要があります。

この仕事をする上で当然と思える行為を無視して、否定だけをするけいこうがあるのではないでしょうか?

メンバーが出したアイデアや企画・計画などにたいして否定はするが、建設的な意見や何をどうしたらいいというような発言をしないというチーム内の風土です。

否定をするだけで代案を提示しなければ可能性をつぶしてしまうだけで何も先には進みません。

 

意思決定のスキルが不足している
 

机上の上であっても論理的に成り立っているのであれば、それは実行する価値があるといえます。

成功する可能性はあるのにその可能性に対して投資を行うという視点よりも、リスクがあるという考えが選考すると意思決定ができないで行動に移れなくなるのです。

反対をされたとしても、論理的に成功する可能性を秘めていて、自身の経験や知識からくる感覚的にも成功する可能性を感じれるのであれば、周囲の反対を押し切って毅然とした意思決定を行うことも必要となってきます。

 

現場情報の吸い上げが足りない
 

考えてロジックを建てることはできても、そのロジックを裏付けするための現場からの生きた情報を収集することができていないのではないでしょうか?

現場の生きた意見を反映させていられていない場合には、机上の理論レベルで終わってしまう場合が多々あります。

この部分を十分に反映できていないとすると計画を実行するのに値するレベルに練り上げるには至っていないと考えなければなりません。

 

上司への不信からの低モチベーション状態
 

上司が判断を下していたとしても、その判断が的外れなものであったり、実行のレベルが低かったりすると成果が伴いません。

その状態を部下が何度も繰り返していると、『どうせ実行をしても成果を出せない。』という考えになりなかなか実行するモチベーションを高く維持できなくなってきます。

そのような状態に陥った場合には、大きな計画を推進するよりも小さな事をしっかりと進めるという意識が必要になってくるでしょう。

 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |