マネジメント、人材育成、部下育成

部下にいっている事が理解してもらえない。その理由が
あなたの言うことは難しすぎます。私(私たち)には理解できません。
そんなことを思っていたら、上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > いっている事が理解してもらえない。 > あなたの言うことは難しすぎます。私(私たち)には理解できません。

あなたの言うことは難しすぎます。私(私たち)には理解できません。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

業務スキルに差がありすぎる

 

情報を伝えたい部下とあなたとの間に業務を行うスキルや知識の大きな差がある事が考えられます。

そのために、上司であるあなたは常識的なことと考えて発する言葉が、部下からすると難解な言葉であったりするのです。

自分の立ち位置から部下の立ち位置まで、上司であるあなたから下がって話をする必要があるでしょう。

部下は、上司の言っていることはわからなくても『はい。』と返事をする傾向がありますので注意が必要です。

 

専門知識・専門用語の多用
 

横文字、専門用語などを多用するのは、自己満足でしかないことを覚えておきましょう。

自分の能力の高さを誇示したい人が、英語や専門用語を多用する傾向にあります。

話している自分は気持ちがいいのですが、情報を伝える相手には難解なだけで何もいいことはありません。

情報は伝えることを目的とするため分かりやすい言葉に変換して情報提供を行うべきと考えてください。

 

相互理解をするためのコミュニケーション不足
 

上司であるあなたの発信する情報を、部下に的確にキャッチしてもらうには、上司、部下の立場でのコミュニケーションを取っているかが大きく影響をしてきます。

互いにどんな仕事をしたいのか?どんなことがすきなのか?どんな知識を持っているか?どんなスキルを持っているか?などの情報を互いに持っていると情報伝達は円滑になるものです。

双方の基本情報ともいえる部分が無いままに情報交換や情報提供を行おうとしていると互いに違和感があったり、相手の言っていることが受け容れられないというようなこともでてきます。

そういったことを回避するためにも上司・部下の立場でのコミュニケーションはとっておくとよいでしょう。

 
 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |