マネジメント、人材育成、部下育成

部下にいっている事が理解してもらえない。その理由が
きっとすごい仕事ができるんでしょうね。自分でやれば!
そんなことを思っていたら、上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > いっている事が理解してもらえない。 > きっとすごい仕事ができるんでしょうね。自分でやれば!

きっとすごい仕事ができるんでしょうね。自分でやれば!

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

自分は優秀である・間違いは無いの姿勢

 

誰でも、自分は正しいという考えをどこかで持っているものではあります。

しかし、普通の人よりも自信家であるために自分の判断には間違いが無いという姿勢が前面に出てしまう人もいます。

こういった人は、発信はするものの受信(聞くこと)があまり上手くない傾向にあります。

部下の意見に耳を傾けられず、自分の主張は正しいものとして通そうとするので、周囲からのヒンシュクを買うことになります。

 

無理難題を依頼しすぎている
 

管理する立場になって、実行するよりも指示を出すほうが多くなってくると気をつけなければならないことでもあります。

考えて指示を出すことが多くなったり、自分自身が優秀である場合に、部下に対してこれくらいはできるだろうと考えて実質無理難題となることを依頼していることはないでしょうか?

実行することを部下に任せていると、徐々に現場の感覚が薄れていき机上の理論で仕事を進めようとする傾向に陥ります。

実現が難しそうな案でも部下に委任し進捗するように指示を行うため部下は聞いても仕方が無いという気持ちになっていくのです。

 

ワンマン系仕事で指示が明確でない
 

中小企業のオーナーや営業職系の管理職に多い傾向といえます。

自分の感覚を頼りに直感的な仕事の進め方をしている人は、その内容や考え方を体系的に身に着けてはいないものです。

そのために、指示を出す時も感覚的で具体性に欠ける指示の出し方をしてしまうことになります。

部下も同じような直感的な仕事の仕方を出来る人であればいいのですが多くの場合そうではありません。

そのために、上司が指示したことを実行できなくなってしまうのです。

 
 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |