マネジメント、人材育成、部下育成

部下があることはできるのに他のことはまったくできない!その理由が
正直その仕事をするのは苦痛です。
そんなことを思っていたら、上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 何をやらしてもやる気をださない! > 正直その仕事をするのは苦痛です。

正直その仕事をするのは苦痛です。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

人間関係に問題がある

 

社内やチーム内の人間関係が希薄なため個人主義的なチームになっている事が考えられます。

この場合、チーム内で互いに良い影響を与え合う雰囲気ができることは無いでしょう。

当然チーム全体のモチベーションや活気も上がることはありません。

そのような状態ですから、部下の仕事への取り組み方にも歪が出てくるのです。どこに問題があるのかを上司が観察をして改善を行うしか手は無いといえます。

 

得意とする分野ではない苦手業務
 

得意とする仕事=強みの仕事をしている場合はいいのですが、苦手な仕事=弱みの仕事をさせると非常にストレスがかかることになります。

部下自身が努力をしても、適性が本人にないためになかなか成果を上げることができなかったり、時間が掛かってしまったりということが当たり前におこるのです。

他の部下にはできるのに?というような感覚で上司ができない部下を見てしまうと問題は大きくなります。

弱みに当たる業務は、できる限りやらせないというのがチームにとっても部下にとっても最善策と考えられます。

 

業務実行のスキルが不足している
 

ビジネススキル(スピード、質、量や経験、知識)が一定レベルに達していなければ、大して煩雑でない業務でも難しく感じてしまいます。

当然、業務を実行するためのスキルが低いために、ミスも多くなりますし質の高い仕事を期待することもできないでしょう。

この場合、業務の内容を同行するというよりもこの部下のビジネススキルを上げるという視点に立って対処をする必要があります。

簡単な仕事をさせる方法もありますし、教育という意味で本人には難易度が高い業務であっても続けさせるというような対応もあるでしょう。

 

同じ仕事で過去に大きな失敗の経験がある
 

いわゆる、過去の失敗からのトラウマです。

部下自身の性格的な要素にも左右されますが、過去に同じような仕事で大きな失敗の体験があると、同じような仕事をするのに拒絶反応が出てしまう人もいます。

大なり小なり、社会人であれば二度としたくない失敗は経験をして当然の事といえます。

ですから、トラウマとなる様な失敗をした業務であれば、上司のフォローや周辺の環境に気を配って、部下が再びチャレンジをする意思を持てる環境を作る事が必要となってくるかもしれません。

 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |