マネジメント、人材育成、部下育成

デキルと思って任せたらぜんぜんデキない人だった!その部下が
自分の得意分野で無いのでどうしていいかわかりません。
と思っていたなら、経営者・上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > デキルと思って任せたらぜんぜんデキない人だった! > 自分の得意分野で無いのでどうしていいかわかりません。

自分の得意分野で無いのでどうしていいかわかりません。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

経験値が不足している

 

業務を実行するに当たって、部下の業務の経験値が絶対的に不足していることが考えられます。

そのため、仕事を任せても経験が不足しているために目標を達成するための道筋をイメージすることができ無いのでしょう。

部下本人に実行をしたいという意識があったとしても、実際に一人で行動を起こすことは難しいのです。

上司や経験の有る先輩などをフォローにつけて業務を進捗させる必要があるでしょう。

 

部下を持つのが苦手なタイプ
 

個人・単独で仕事をしている分には、非常に高い成果を出せる人がいます。

しかし、この人が部下を持った時に同じように成果を出せるとは限りません。ビジネスの感性が高い人は、自分がなぜ高い成果を上げられるのかを説明できない人が多くいます。

こういったタイプの人は、部下や後輩などを管理監督しながら成果を上げることが出来ない場合が多いのです。

本人は、感覚的に状況判断し仕事を進めることができますが、いわゆるこれは特殊能力的なもので、部下に同じことを求めたところで簡単にまねる事はできないからです。

人の上に立ってもマネジメント的な業務には向かないといえるでしょう。

 

職場環境の急激な変化についていけない
 

上司が変わるなどでチームや組織の体制が変わる場合には、起こりやすい事象です。

上司はチーム内に変化を起こしたいと考えるものですが、部下からすると今までやっていなかったことや気にしていなかったことに目を向けるようにする必要が出てきます。

今までは、気にしていなかったことやっていなかったことをしなさいといわれることで、部下の中には拒絶反応を示す人がでてくるものです。

その変化に順応できない人は、今まで問題なくやってきているのにいまさらどうして?という気持ちが芽生えるものなのです。

 

業務責任と権限委譲のバランスが取れていない
 

業務を実行して成果を出すだけの実力はもっていたとしても、まったく未知の今までの経験したことのない分野に取り組むとなると勝手が違います。

当然、実力を十分に発揮できるわけもありません。

上司が漠然と仕事がデキルという認識で、どういった分野に強いのか?どういった業務が得意なのか?そういった点を把握せずに部下に仕事を依頼していると部下の個性や能力を十分に活用できない状態に陥ります。

部下の個性や能力をしっかりと上司が把握できていないと、権限を委譲する場合にも適切な権限を委譲できないということに繋がっていきます。

 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |