マネジメント、人材育成、部下育成

バリバリ仕事をしていたのに急に元気がなくなった!その部下が
この壁はがんばっても越えられそうにありません。
と思っていたなら、経営者・上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > バリバリ仕事をしていたのに急に元気がなくなった! > この壁はがんばっても越えられそうにありません。

この壁はがんばっても越えられそうにありません。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

業務トレーニングのシステムがない

 

業務の教育・トレーニングを施してくれる環境もシステムも会社が持っていないために、部下はどのような質の仕事を収めればいいのか?その基準が分かっていない事が考えられます。

トレーニングのシステムを持っている企業は、どのような基準の仕事を求めるのか?それをトレーニングに組み込んでいますので、部下も一定の仕事の質を保つことが出来ます。

トレーニングの仕組みを持っていない場合には、上司が最低限どのような仕事をして欲しいのかを部下に伝えることを意識しないといけないでしょう。

その努力無しでは、部下はきちんとした仕事を収める意識はあったとしても自力では中途半端な仕事になってしまうと考えられます。

 

部下をフォローアップする体制が無い
 

部下のビジネススキルが未熟な場合には、部下が実行した業務を常に監視して、フォローアップ(評価)を必ず実施しなければなりません。

時には、とりあえずの知識だけある部下に仕事を任せる。上手くはできない事を前提に仕事を任せることもあると思います。

しかし、このような場合、上司は部下の仕事が不完全であることを前提に対応をしなければなりません。

部下の業務が不完全な場合には、監視や関与の頻度を上げるしかありませんので、フォローアップを絶えず行って業務を進捗させることになります。

 

ハードルが高い仕事なのに放任・任せきり
 

仕事を依頼するときにその部下にとって難易度が高いか低いかは、上司が把握をしているはずです。

逆に、部下の視点からの仕事の難易度を上司が把握できていなければそれは問題といえます。

部下にとって、任せた仕事が難易度の高いものであった場合には、上司が積極的に部下の業務に関与する。又は、チェックを頻繁に行うなどの対応が必要となります。

それをせずに、放任の状態になっていると、当然の事ではありますが部下は業務を進捗できなくなってしまいます。

 

得意とする分野ではない苦手業務
 

得意とする仕事=強みの仕事をしている場合はいいのですが、苦手な仕事=弱みの仕事をさせると非常にストレスがかかることになります。

部下自身が努力をしても、適性が本人にないためになかなか成果を上げることができなかったり、時間が掛かってしまったりということが当たり前におこるのです。

他の部下にはできるのに?というような感覚で上司ができない部下を見てしまうと問題は大きくなります。

弱みに当たる業務は、できる限りやらせないというのがチームにとっても部下にとっても最善策と考えられます。

 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |