マネジメント、人材育成、部下育成

リーダーになったら周りから敬遠されるようになってしまった!その部下が
指示がめちゃくちゃ、何をしたらいいのかわからない。
と思われていたなら、経営者・上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > リーダーになったら周りから敬遠されるようになってしまった! > 指示がめちゃくちゃ、何をしたらいいのかわからない。

指示がめちゃくちゃ、何をしたらいいのかわからない。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

目標・ゴールの設定があいまい

 

仕事を依頼する側に業務を丸投げする傾向があるのではないでしょうか?

業務を部下にまる投げしている場合、その業務の目標やゴールの設定があいまいになっている事がほとんどです。

そのために、部下は指示が具体的ではなく何を求められているのかを分からないといった状況に陥ります。

当然、部下は上司が求めている正確なゴールに向けて行動をすることが出来なくなります。

 

チーム編成ができていない
 

上司が部下個々人の能力を把握することが出来ていないのではないでしょうか?

そのために部下を適材適所に配置することができなくなっていることが考えられます。

適材適所に部下を配置することができないと、チームとして本来発揮される相乗効果が失われることになります。

チーム全体の業務効率は非常に悪くなるので、メンバーを見る限りでは結果を出せそうな感じを受けても、実際には結果が出せないチームとなり全体でストレスを抱えることになるでしょう。

 

部下とのコミュニケーションの不足
 

上司が積極的にコミュニケーションをとらないのは、チーム運営において致命傷といえます。

コミュニケーションが不足していると部下がどんな状態であるのか?問題を抱えていないのか?業務は予定通りに進捗をしているのか?このようなことが把握ができません。

さらに、それぞれの部下にはどんなことを頼めるのか?どのくらいの実行力をもっているのか?そういったこともわからないはずです。

コミュニケーションが不足していて本来持っているべき情報が、足りていないと上司として部下に的確な指示が出せなくなってしまうでしょう。

 

現場情報の吸い上げが足りない
 

考えてロジックを建てることはできても、そのロジックを裏付けするための現場からの生きた情報を収集することができていないのではないでしょうか?

現場の生きた意見を反映させていられていない場合には、机上の理論レベルで終わってしまう場合が多々あります。

この部分を十分に反映できていないとすると計画を実行するのに値するレベルに練り上げるには至っていないと考えなければなりません。

 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |