マネジメント、人材育成、部下育成

彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう!その部下が
人使いが荒すぎます。ついていけません。
と思われていたなら、経営者・上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 人使いが荒すぎます。ついていけません。 > 人使いが荒すぎます。ついていけません。

人使いが荒すぎます。ついていけません。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

上司の考え方が浸透していないうちの変化

 

異動をしてきた。新たに管理職となった時などに起こりやすいケースといえます。

チームにたいして急激な変化を加えるようにするとチーム全体が反発する態度をとるのは通常の事といえます。

しかし、そうなることを知らないで、上司としてチームになじむ前に変化を加えようとしてしまうことがあります。

上司としての自分の考えを段階的に浸透させて、徐々に変化を加えていけばいいのですが、なかなかそのような戦略的な手法を取れる上司はいないものです。

結果として、変化を急ぐあまり反発を受けるという状態に陥ることになります。

 

部下個々人のスキル・キャパの無把握
 

部下個々人がどのようなスキルを身につけているのか?どれくらいの業務量に耐えられるのか?どのくらいの難易度の仕事を任せられるのか・などの事をはあくしていないのではないでしょうか?

部下個々人のこうした基礎力とも言える情報を把握していないと、部下に適切な仕事を与えることができません。

部下が自分の取り組みたいと考えている仕事を与えればモチベーションも上がります。

そういったことを勘案せずにただ仕事量だけを増やして行くとチームとしてはパンクしてしまうことでしょう。

 

マルチタスクでの業務の進行
 

目標を達成するためには、複数の業務を一度に進捗させる必要が出てくることがあります。

しかし、このマルチタスク的な仕事の進め方は、効率的に業務を進められるように見えますが実はそうでない場合があります。

マルチタスクが効果を発揮するのは、チームメンバーが業務の優先順位をつけられる。権限を委譲しても業務を実行できるレベルに達しているときに時に限ります。

そうでない場合にこのマルチタスクを行うと逆に業務の進捗が遅くなってしまうことがあるので注意が必要といえます。

 

業務トレーニングのシステムがない
 

業務の教育・トレーニングを施してくれる環境もシステムも会社が持っていないために、部下はどのような質の仕事を収めればいいのか?その基準が分かっていない事が考えられます。

トレーニングのシステムを持っている企業は、どのような基準の仕事を求めるのか?それをトレーニングに組み込んでいますので、部下も一定の仕事の質を保つことが出来ます。

トレーニングの仕組みを持っていない場合には、上司が最低限どのような仕事をして欲しいのかを部下に伝えることを意識しないといけないでしょう。

その努力無しでは、部下はきちんとした仕事を収める意識はあったとしても自力では中途半端な仕事になってしまうと考えられます。

 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |