マネジメント、人材育成、部下育成

彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう!その部下が
何にも教えてくれないのに、プレッシャーだけかけられる。
と思われていたなら、経営者・上司として、どうするべきでしょうか?

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ
人材育成&マネジメントTOP > 人使いが荒すぎます。ついていけません。 > 何にも教えてくれないのに、プレッシャーだけかけられる。

何にも教えてくれないのに、プレッシャーだけかけられる。

部下にそう思われているのであれば、あなた自身を見直す必要があるかもしれません。
 

マネジメントDr の 診断

あなたの抱える問題と、部下の反応や態度から、こういった問題が考えられます。

実力主義による過度のプレッシャー

 

会社全体が実力主義に偏っているために、仕事で成果を常に求められることとなり過度のプレッシャーが部下にかかっていと考えられます。

仕事は人間のすることですからある程度の波というものもあります。しかし、実力主義が行き過ぎると常にいい状態を求められることになり部下は気を休めることが出来ません。

そのような環境の中では、成績が伴っていてもいなくても本人的には精神的にギリギリのところで耐えていたものが、何かの拍子の崩れてしまうというようなことも出てきます。

 

成果第一主義(ディフェンス軽視)
 

成果を第一に考える組織であると、営業・物を売るということに力を注ぎすぎてしまうことになります。

成果が出ている限りは問題がない場合が多いのですが、ビジネスである以上いい時悪い時というものがあります。

がんばっても成果が上がらなくなった時には、攻めではなく守りが必要になります。しかし、成果第一主義であると守りをおろそかにしてしまいがちです。

そのため、守りに目が行く人は、力がない。会社として必要がないというような扱いを受けてしまう傾向があります。

 

仕事で尊敬できる上司・先輩がいない
 

部下の視点から、この人のようになりたいと思えるような上司や先輩がいないのではないでしょうか?

そのために部下は、どのような未来の姿を描けばいいのかもわからないのでしょう。

会社で勤め上げていくことに疑問を抱いている状態と考えられます。

そのため、夢や希望を持って会社で働くことができないのであれば、自分が仕事をして稼いだお金で楽しもうという発想になっていると考えられます。

 
 


あなたの悩みを解消する。無料コンサルティングはこちら!

|   サイトマップ  |   メール  |