マネジメント、人材育成、部下育成

読むだけでも上司としての能力が上がる
気にするべき部下が持つ2種類のモチベーション!

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ

気にするべき部下が持つ2種類のモチベーション!


  良くモチベーションという言葉を聴きます。

  部下を動かすのには絶対に
  おさえておかなければならないことではあります。

  しかし、モチベーションには、

  【上司がコントロールできるモチベーション】

  と

  【上司が頑張ったところで
    どうにもできないモチベーション】

  という2つの種類があるのは知っていますか?


  聞けば 

  『確かに、そうかも!』 

  と思うことかもしれませんが、
  このことを知っていると自分が上司として
  何に注力をしなければならないのかが
  わかるはずです。

  今日は、そんな話です。


  誰でも自分の持っている力を存分に発揮する場を
  与えられたならやる気が沸き起こります。

  モチベーションが上がるわけですね。

  仕事のスキルや経験を積んでいることを
  実感できることでも仕事に対しての
  やる気が沸き起こるはずです。

  これもモチベーションが上がっている状態です。

  与えられた仕事で成果を出せた時にも
  やる気は上がります。

  これもモチベーションが上がっている状態です。

  これらのことは、
  全て上司がコントロールできる
  範疇のことと言えます。

  上司が仕事の難易度や仕事の質を
  うまく割り振ることさえできれば、
  これらのモチベーションを上げる場面を
  あなたが演出することが可能なのです。

  ↑ここ重要ですよ。

  会社が目指していることが、
  社会に貢献していることを社員が実感できると
  使命感を感じて働くことへの意義を見出し
  やる気が上がる場合があります。

  これもモチベーションが上げる一つの要因です。

  給料もインセンティブが付いたり、
  歩合制などの場合には社員のやる気が
  あがることがあります。

  これもモチベーションを上げる要素といえます。

  しかし、これらの2つは会社が決めることであって
  上司が決められることではありません。

  もちろんあなたが社長であれば話は別です。


  モチベーションの中には、

    【会社が作り上げるモチベーション】

          と

    【上司が作り上げるモチベーション】

  この2つのモチベーションが
  存在するといっていいのです。


  『給料を十分にもらっていないから
     モチベーションが上がらない。』

  これは、上司のあなたが
  どうにかできることではありませんから
  気にしないほうがいいのです。

  『俺もそうだ!』 このくらいの言葉で
  軽くあしらっておきましょう。


  あなたが上司としてすべきなのは、部下に対して

   活躍するためのフィールド
   経験を積むためのフィールド
   結果を出すためのフィールド

  を与えることなのです。

  部下の給料の額面の心配を
  することではありません。

  一人一人の部下に対して
  『何をさせるか?』を真剣に考えるのは、
  なかなか楽しいことでもあります。

  『A君にはこのフィールドを与えよう、
   そうしてこのようになってもらおう。

   B君にはこのフィールドをあたえて、
   こうなってもらおう。
   そうすればB君の弱い部分が補えるはず!』

  こんなことを考えて部下に仕事を振り分けて、
  実際にその通りになったり、やる気や自信に
  満ちている部下を見るのは上司ならではの
  楽しみだと思っています。

  会社がコントロールするべきモチベーションは、
  2次的なものと考えて、上司であるあなたが
  コントロールのできる部分をうまく活用して
  部下を動かす工夫をしてみてください。


 
読むだけで上司力が上がる 【マネジメント Drのコラム】 一覧
上場記念パーティーでの大失敗
ズバリ!部下を成長させるには?
知らないと怖!二つのコミュニケーションの差
できる上司、できない上司その違い。
言い訳の多い部下への対処法!
あなたが目を向けるべき本当の相手とは?
部下のモラルが低くなる理由?
上司は、結果を 【先・後】 どっちに求めるべきか?
気にするべき部下が持つ2種類のモチベーション!
あなたは上司としての自分のタイプを知っていますか?
部下との情報共有を上手に行う方法!
考えて動ける部下を作る秘訣!
仕事ができる上司の共通点!
会社で伸びる人、伸びない人の決定的な違い!
上司が持っていなくてはならない3つの能力!
チームの仕事のスピードを倍速にするヒント!
上司が忙しすぎてパンクする理由と対処法
部下に間違った褒め方をしていると・・。
上司になったら、一番初めにすべき事!
できる上司が身につけている力とは?
一気に部下との結束を高めた方法
プラン・計画・企画よりも上司にとって重要なこと!
部下と仕事を進める上で上司に絶対必要な●●とは?
部下に仕事を教えるに一番重要なものとは?
ミーティング・打ち合わせが時間内に終わらない理由
社員の採用で重要なこと!
部下を動かす上司のための方程式!
褒めることでやる気を失うタイミングがある。
責任を負わせることの威力とは?
自分に自信をつける方法!
上司なら言われてうれしい一言を知っておこう!
デキる上司になれる方法!
あなたが部下を動かせない理由がある!
部下を管理しようとするから失敗するのです。
部下を理解できないと嘆く前にするべきこととは?
人材育成&マネジメントはセンスではなく技術だという理由!
できない原因の正しい捕らえ方
質問!部下のモチベーションが上がりません。
部下の心を見透かす魔法のキーワード!
『知っている』のその先にあるものとは?
部下のやる気を引き出すアプローチとは?
コミュニケーションの重要なポイント!


|   サイトマップ  |   メール  |