マネジメント、人材育成、部下育成

読むだけでも上司としての能力が上がる
部下に間違った褒め方をしていると・・。

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ

部下に間違った褒め方をしていると・・。


  【部下を積極的に褒めなさい。】


  こんなフレーズを
  鵜呑みにしていませんか?


  私も部下を褒めることは大賛成です。

  しかし、褒めればいい
  というものではありません。

  褒めすぎれば、部下はつけあがります。

  『自分はすごい!』

  こんな勘違いを始めます。

  仕事もやりにくくなってしまいますし
  最悪の場合、あなたの言うことも
  聞かなくなります。


  そうなっては、

  『せっかく褒めたのに・・・
    褒めなきゃよかった。』

  と後悔することになります。


  どうすれば、部下を積極的に褒めても
  後悔しなですむか?


  そのポイントをあなたは知っていますか?


  このポイントを抑えておけば、
  積極的に褒めることが上司のあなたにとっても
  職場にとってもプラスに働くことでしょう。

  
  その、褒めるべきポイントとは??


  ほとんどの上司は、常識や良心を元に
  褒めるという行動をとります。

  『ここは、ほめてやらなきゃ!』
  『素晴らしい仕事をしたな!』

  このような、上司ではなくとも、
  誰もが褒めるべきと感じた場面で
  褒めることが多いのではないでしょうか?

  一言で言えば、

     褒めて当たり前の場面で褒める。

  ということです。

  一緒に働いている同僚からも
  褒められるような場面で、褒めることは
  もちろん必要です。

  しかし、このような場面では、
  上司としては、戒めるくらいのことを
  する必要があります。


  それを、『積極的に褒めなくては!』と
  褒めていては、部下の鼻が伸びてしまいます。

  【部下を積極的に褒めましょう。】

  


  この場合の褒めるは、

  『誰もが見落としそうな部分を褒めること』

  と考えればいいでしょう。


  ある社員が大口の契約を取ってきたら
  その社員は、周りから賞賛されます。

  これは誰もが褒める場面です。

  『よくやった、しかし、これで満足するな!』


  この場合、上司は褒めつつ戒めればいいのです。

  しかし、その契約を取るために

   ・資料の作成を手伝った人
   ・新幹線のチケットを手配した人

  見落とされそうな、この人たちには、


  『○○さんの協力が無ければ
    この契約は無かった。いつもありがとう。』

  くらいの褒めるを上司のあなたがするのです。

  すると、組織が活性化するのです。

  なぜなら、積極的に褒めればほめるほど
  スポットライトを浴びない人が
  いなくなるからです。

  スポットライトが勝手に当たる人ではなく、
  当たりにくい人にこそ当てるべきなのです。

  自分の仕事を評価し、褒めてくれる人がいれば、
  部下は頑張れるものです。

  そのために見落としてしまいがちなところに
  注意を払うのです。

  褒める、という行為は部下を動かすための
  重要なテクニックです。

  部下を動かしたいのであれば、
  褒めることの達人になってください。


  今回、伝えしたように
  ただ褒めればいいというものではありませんし
  上司として身に着けるべき褒め方他にもあります。

  褒めるテクニックを身につけると

   ・褒めることで、部下に反省させる。
   ・褒めることで、部下に改善をさせる。

  こんなことも、簡単にできるようになります。

  私も良く使うテクニックです。

  部下に改善をするように言うと素直には
  受け容れず反発することが良くあります。

  しかし、

  褒めるテクニックを使って改善することを伝えると
  率先して改善を行ってくれます。


 
読むだけで上司力が上がる 【マネジメント Drのコラム】 一覧
上場記念パーティーでの大失敗
ズバリ!部下を成長させるには?
知らないと怖!二つのコミュニケーションの差
できる上司、できない上司その違い。
言い訳の多い部下への対処法!
あなたが目を向けるべき本当の相手とは?
部下のモラルが低くなる理由?
上司は、結果を 【先・後】 どっちに求めるべきか?
気にするべき部下が持つ2種類のモチベーション!
あなたは上司としての自分のタイプを知っていますか?
部下との情報共有を上手に行う方法!
考えて動ける部下を作る秘訣!
仕事ができる上司の共通点!
会社で伸びる人、伸びない人の決定的な違い!
上司が持っていなくてはならない3つの能力!
チームの仕事のスピードを倍速にするヒント!
上司が忙しすぎてパンクする理由と対処法
部下に間違った褒め方をしていると・・。
上司になったら、一番初めにすべき事!
できる上司が身につけている力とは?
一気に部下との結束を高めた方法
プラン・計画・企画よりも上司にとって重要なこと!
部下と仕事を進める上で上司に絶対必要な●●とは?
部下に仕事を教えるに一番重要なものとは?
ミーティング・打ち合わせが時間内に終わらない理由
社員の採用で重要なこと!
部下を動かす上司のための方程式!
褒めることでやる気を失うタイミングがある。
責任を負わせることの威力とは?
自分に自信をつける方法!
上司なら言われてうれしい一言を知っておこう!
デキる上司になれる方法!
あなたが部下を動かせない理由がある!
部下を管理しようとするから失敗するのです。
部下を理解できないと嘆く前にするべきこととは?
人材育成&マネジメントはセンスではなく技術だという理由!
できない原因の正しい捕らえ方
質問!部下のモチベーションが上がりません。
部下の心を見透かす魔法のキーワード!
『知っている』のその先にあるものとは?
部下のやる気を引き出すアプローチとは?
コミュニケーションの重要なポイント!


|   サイトマップ  |   メール  |