マネジメント、人材育成、部下育成

読むだけでも上司としての能力が上がる
人材育成&マネジメントはセンスではなく技術だという理由!

メニュー
言うことを聞かない、指示を守らない
それぞれが何をしているのかわからない
報告・連絡・相談 ができない
何度も同じミスを繰り返す
部下が独断で行動を起こす
チームとしての一体感が無い
上司の顔色ばかり伺っている
とにかく仕事が遅い
仕事の精度(質)が低い
言ったことはするが自ら考えて行動しない
職場の人間関係が悪い
病気などでの欠勤が多い
遅刻などルールを守れない
計画を立てるが実行できない
任せても仕事が進まない。できない。
いっている事が理解してもらえない
イベントへの参加が積極的でない
何をやらしてもやる気をださない
ある事はできるのに他の事は全くできない
自分のいうことを聞いてくれるか不安だ
自分の判断が合っているのか不安だ
できると思って任せたら全然できない人
バリバリ仕事をしていたが急に元気がなくなった
リーダーにしたら周りから敬遠されるように
成績がいいのでリーダーにしたが機能しない
彼の下だと部下がどんどん辞めてしまう
彼の下だと部下が育たない
リーダーにしたとたんチームの成績ダウン
急にやめたいと言い出した
社員が定着しない
サイト情報
マネジメント Dr について
このサイトについて
メディア掲載
お問い合わせ
相互リンクについて
サイトマップ

人材育成&マネジメントはセンスではなく技術だという理由!


  今思うとあの頃は、ひどかった。

  よく上司をやっていたと思います。

  もちろん私の話です。

  初めて部下を持ち上司になった時、
  多くの人はこんなことを思ったのでは
  ないでしょうか?


  【自分はその責任を全うできるのか?】
  【自分は上司として通用するのか?】

 
  こんなふうに、ビビリつつも、
  一方で人の上に立って仕事をできることに
  期待をふくらました記憶も
  あるのではないでしょうか?


  私の場合、職業柄、中途で入社をして
  半年足らずで部下を持つ立場になってしまいました。

  期待というよりも、

  【自分はその責任を全うできるのか?】
  【自分は上司として通用するのか?】

  というビビリのほうが大きかったのを
  覚えています。


  当時は、自分が職場で果たすべき責任が
  何なのか?

  それすら分かっていなかったですから。


  上司としては、明らかに落第点。


  立場は上司でも、仕事の能力は
  下から数えたほうがぜんぜん早かったので
  周りにいる仕事のできる部下にやっとの思いで
  ついていっていました。


  今の自分なら、どうすればいいか?
  当然分かりますし、教えることもできますが、

  当時の自分は、周りに溶け込もうにも
  その手段すら分からず、

  部下を引っ張っていこうにも
  その力も経験もなく、

  よく会社を辞めなかったなと思います。

  でも、そんな情けない上司だったから・・・

  【自分はどうすれば
    肩書きだけではない上司になれるのか?】

  こんなことを真剣に考えたように思います。

  でも答えが簡単に見つかれば苦労はしないわけで
  そのころは、そんなことを思いつつも、

  ただただ周りの人の足を引っ張らないようにと
  懸命にその日その日をすごしていた記憶があります。

  ・部下よりも仕事の能力もない上司
  ・上司の責任も果たせないような上司


  そんな上司だった自分でも


   「ダメなりにも、何とか頑張ろう!」

  と自分なりに一生懸命に仕事を
  していました。

  この与えられた責任を全うしようとする
  姿があったからこそ、仕事ができなくとも疎まれず、
  逆に部下に協力をしてもらって、

  何とか上司としての仕事を果たさせて
  もらったんだなと今は思います。


  私はこの気持ちが、
  上司としての原点のように感じます。


  テクニックも大事です。
  知識も必要と思います。

  でも、

  『チームのために自分のできることをする!』

  この気持ちが無いとテクニックや知識だけでは
  部下を動かすことはできないと思います。

  逆に、

  『チームのためにできることをやろう!』

  という気持ちを持っているのであれば
  テクニックや知識がなかったとしても
  部下は協力をしてくれます。


  もしあなたが、その気持ちがあっても
  上手くいっていないのであれば
  それは、ちょっとした何かが
  ずれているのだと思います。


  そのずれをちょっと修正できれば
  部下に協力をしてもらうことも
  育てることも動かすことも
  必ずできるはずなのです。


  誰でも悩みの大きさに違いはあっても
  上司になると悩みを抱えています。


  ・自分は何ができるのか?
  ・自分は何をすべきなのか?
  ・部下に何をしてやれるのか?
  ・上司としての責任を果たせているのか?


  そんな悩みを抱えながらでも、
  部下を鼓舞して、一緒に悩んで、叱って
  大変ではあるけどこれほどやりがいのある
  仕事は他にはないように思います。


  もし、そんなことはないと思っているのなら
  その楽しさというか、やりがいを
  あなたにも感じて欲しいと思っています。


  【上司は楽しい】これは本当です。


  上司は、決して難しいことではなく
  すべきことをすれば、上司の
  楽しさ面白さを感じられるはずです。


  私はその手伝いができれば、
  これほどうれしいことはありません。


  ぜひ、わたしにその手伝いをさせていただきたい。


 
読むだけで上司力が上がる 【マネジメント Drのコラム】 一覧
上場記念パーティーでの大失敗
ズバリ!部下を成長させるには?
知らないと怖!二つのコミュニケーションの差
できる上司、できない上司その違い。
言い訳の多い部下への対処法!
あなたが目を向けるべき本当の相手とは?
部下のモラルが低くなる理由?
上司は、結果を 【先・後】 どっちに求めるべきか?
気にするべき部下が持つ2種類のモチベーション!
あなたは上司としての自分のタイプを知っていますか?
部下との情報共有を上手に行う方法!
考えて動ける部下を作る秘訣!
仕事ができる上司の共通点!
会社で伸びる人、伸びない人の決定的な違い!
上司が持っていなくてはならない3つの能力!
チームの仕事のスピードを倍速にするヒント!
上司が忙しすぎてパンクする理由と対処法
部下に間違った褒め方をしていると・・。
上司になったら、一番初めにすべき事!
できる上司が身につけている力とは?
一気に部下との結束を高めた方法
プラン・計画・企画よりも上司にとって重要なこと!
部下と仕事を進める上で上司に絶対必要な●●とは?
部下に仕事を教えるに一番重要なものとは?
ミーティング・打ち合わせが時間内に終わらない理由
社員の採用で重要なこと!
部下を動かす上司のための方程式!
褒めることでやる気を失うタイミングがある。
責任を負わせることの威力とは?
自分に自信をつける方法!
上司なら言われてうれしい一言を知っておこう!
デキる上司になれる方法!
あなたが部下を動かせない理由がある!
部下を管理しようとするから失敗するのです。
部下を理解できないと嘆く前にするべきこととは?
人材育成&マネジメントはセンスではなく技術だという理由!
できない原因の正しい捕らえ方
質問!部下のモチベーションが上がりません。
部下の心を見透かす魔法のキーワード!
『知っている』のその先にあるものとは?
部下のやる気を引き出すアプローチとは?
コミュニケーションの重要なポイント!


|   サイトマップ  |   メール  |